umechannews

梅ちゃんNEWS

阪神タイガース梅野隆太郎選手 ファンブログ 期待のキャッチャー梅ちゃんを四六時中応援しています

阪神タイガース2015

23 10月

08.30甲子園「試合中」編

こんばんは、にぎやかなイエローです。

今回はスノーマンさん提供8.30甲子園の写真をご覧ください!
スノーマンさんありがとうございます!


おまけ試合前写真(前回に載せるの忘れてた
0830甲子園19
関川コーチ 高橋コーチ
梅ちゃん 高代コーチ

0830甲子園20
高代コーチとお話し中
高代さんの表情から、怒られているのかと思ったら(ぉぃ

0830甲子園21
二人笑顔
穏やかな会話だったみたい(`・ω・´)

そうです、この日は岩崎君が先発でした
0830甲子園41

0830甲子園4

0830甲子園5
打席の写真(*´ェ`*)ふっ

0830甲子園8
おおおおおおお
小さいけど梅ちゃんと岩崎君
おおおおおおおおおおおお
ボールを持った岩崎君とその先に梅
バ、バ、バ、バ、バッテリー
泣いた
というか(正気に戻る)CSでバッテリー組んだじゃん
泣いた
あ、あの試合の録画消したあああああああああ!!
15年シーズンの録画を
「梅ちゃんありがとう」←ウザイ
「梅ちゃんごめんね」←きもい
「梅ちゃんありがとう」←ウザイ
と言いながら、焼く時間なくHD容量逼迫し惜しみながらぽちぽち消した
私とした事が、不覚にも、あれをあれを一緒にしちまった
クソックソックソッ(かまぼこ板叩き割る)
あふぉ私(´・ω・`)絶望で煮込む←まじで寝込め
こういう「つまらない」のさ、空を飛ぶトンボを窓からボーッと見ながら思い出して後悔するんだよね←どした
「書かなきゃいいのに、どうして書いてしまうのだろう(深い病)」


試合中ベンチ内

0830甲子園9

0830甲子園7
キリ隼太

0830甲子園10
梅ちゃんと江越君

0830甲子園14
今成さんと梅ちゃん

この日は試合途中から出場しました
0830甲子園15
山田コーチと会話中

0830甲子園18
アクエリアス

0830甲子園38
キャッチ

0830甲子園39
ネクスト梅


0830甲子園40
打ったー!!!
(*´ -`)(´- `*)



写真はスノーマンさんのご厚意で提供していただきました
転載禁止


いつも 梅ちゃんNEWS の応援ありがとうございます♪





23 8月

嬉しい岩田梅野バッテリー勝利

こんばんは、にぎやかなイエローです。

よかったー ホッと一安心というのが本音 1つ1つのの身ぶり手ぶり、1球1球から目が離せず、球が飛べばギョッとし久しぶりに試合を見て疲れた(´д`;)
連敗中嫌な流れ 8回1失点リード そして勝利 泣いた

再昇格後ビハインドでの起用もありましたし、そういう所からどこであっても、一つ一つのチャンスを自分のものにして欲しいと思っていたのだが、
スタメンで応えてくれました(超拍手)

スタメンで起用されるとは思わなかった(おい)んですが、思い切ってスタメンで起用した監督の期待にも応えてくれました
よかったよ!監督も←小声(ぉぃ

今季正捕手扱いでスタート そこから位置付けが変わり、更には降格昇格降格 一ファンの私ですら悔しくて悔しくて、
悔しくて悔しくて、まあああああああ悔しくて 今までの日課をすべてやめ新たな日課がVデイリーの2軍試合結果を見る事になり、今年はもう上がってこないのかもなと、私の今シーズンは終わった(遠い目)(←※そもそもこいつのシーズンが始まった事などないので終わりません) と、たまらない時期がありましたが、
本人の悔しさ苦しさは私の比ではなかったはず


今季始め 一推ししていた岩田さんとのバッテリー 
改めて今季は岩田梅野バッテリーが良いと言えるような気がします、しそうなって欲しい
次回も岩田さんとのバッテリーがあるのでしょうから、チャンスを離さず自身の力で出場機会を増やす活躍期待してるよ!(`・ω・´)

岩崎君も連勝しているし、ふふっだよ、ふふっ(*´ェ`*)

梅ちゃん救った!千金V打で首位守った 2015年8月22日
0822dy1

 扇の要としての仕事も「アウト一つ一つを積み重ねられるように。テンポも速くしようとしました」と梅野。試合前、岩田と左打者の内角を攻める作戦を立てた。五回2死一、三塁は筒香の懐を攻め、最後はフォークで二ゴロに仕留めた。  「リードに答えはないですよね…」。梅雨空の鳴尾浜。神妙な面持ちで自身の課題である守備と向き合っていた。好調な打撃とは裏腹に、2軍戦でも大量失点を喫する現状。どうすればいいのか-。寄り添い、激励し続けたのは吉田2軍バッテリーコーチだった。
 「リードは強気で素晴らしい。でも、投手の気持ちがついてこないと意味がない。心理を読むのも大事だし、コミュニケーションも大事。信頼関係を築いていけるかなんだよ」  少しずつ梅野が変わっていく。投球内容を問わず、降板した投手の元に必ず歩み寄って言葉を交わした。「勝てる捕手になりたいんです。そのために自分ができることを考えました」。投手があり、自分がいる。2軍という土壌で見つけた成長の種。捕手というポジションのあり方を見つめ直した時間だった。  「本当に苦しいシーズン。ファームでも悔しい思いをしました。だから、この試合に懸ける思いは強かったです」と声を張った。
http://www.daily.co.jp/tigers/2015/08/22/0008326156.shtml?pg=3
虎、踏ん張った首位死守!梅ちゃんの必死V二塁打で連敗ストップ」
2015.8.22 05:04(2/3ページ)
0822sa2

0822sa3

 「事前に岩田さんとは話してたんですけど、左打者の内角を突こうと」

 プレーボール初球から内角へ。ゴメス、鳥谷のエラーが絡んで 五回二死一、三塁のピンチも、筒香に初球から内角を続けた。「長打は恐いけど、いくときはいかないと」。えさをまき、変化球で二ゴロ。「テンポよく投げれるように」と、すばやく投手に返球。できることはすべてした。

 「開幕よりも緊張しました」

 正捕手で開幕を迎えた2年目 は、信頼を得られずに2軍落ちした。14日に昇格。リード面の未熟さが目立っていたが、チームが求めた変化は違った。2軍首脳陣が明かす。「早起きして、 自分で荷物を持って、そういうところから」。欠けていたのは技術論ではなく、周囲を見渡す意識、気配り。炎天下で修行を重ねた梅野は、成果をこう振り返った。

 「ひたむきに、1つ1つの経験を一生懸命やってきたつもりです」

 私生活から変えられた感性はグラウンドに直結した。「球数をかけていい。(野手の)ポジショニング。投手への声かけ、ジェスチャー」。配球だけでなく視野を広げた。「何かできることはないか」。その言葉が成長の証だ。

www.sanspo.com/baseball/news/20150822/tig15082205040007-n3.html
阪神・山田バッテリーコーチ、梅野に求めたのは「必死さ」
2015.8.22 05:01

 山田バッテリーコーチは1軍に昇格した梅野に「見せてもらうぞ」と、声をかけたという。ただ、求めたのは結果ではない。「『何でも一生懸命やれ』という ことだけ。試合前の勉強や準備もそう。打たれる抑えるより、見せてほしかったのは必死さ」と、話した。この日のプレーを振り返って「必死さが伝わってきた」と、合格点。和田監督も「やっときょう『何とか抑えたる』という必死な姿がみえた」と声をそろえた。
www.sanspo.com/baseball/news/20150822/tig15082205010006-n1.html
阪神梅野が首位を守る先制V打に好リード「何とか」 [2015年8月22日11時33分 紙面から]
0822ni1

「三振を恐れず、気持ちで打ちました!」。守っては岩田、福原を8回まで1失点でリードした。和田監督も「やっと何とか抑えたろうという必死な姿が見えた。勉強して、投手に信頼される捕手になってほしい」と期待通りの姿を喜んだ。

 開幕を正捕手でスタートも、先発マスクが徐々に減った。コンビを組む投手が打ち込まれ、多くの批判も耳に入った。「去年とは全く違う。厳しく言われることばかり。いいと思ったプレーでも、批判されるんですから…」。覚悟はしていたが想像以上だった。

 苦しむ5月の遠征中。いつも通りに起床し、午前11時ごろに昼食を取ろうと宿舎内の会場へ向かった。その道すがら、ミーティング部屋の前で足が止まった。「山田さん(バッテリーコーチ)が1人で、ビデオを見ていた。しかもユニホームを着て、もう出発できる態勢で…」。バッテリーが配球面を話し合う ミーティングは午後からの予定。自らの試合準備に対する姿勢と比べ、気持ちをあらためた。自分のやるべきことは、勝つ手法を追究することだった。2度の2 軍落ちを経験し、思い描いた2年目とはかけ離れた。「引き出しを増やしたくて。捕手出身の方の評論を読んで吸収しました」。鳴尾浜の寮では、自分が1面を 飾っても関心が無かったスポーツ新聞を読み込んだ。

 「苦しい時期はあったけれど、今の声援を聞いて、岩田さんに勝ちがついて、この日を迎えられたことがうれしいです」

www.nikkansports.com/baseball/news/1526558.html

梅ちゃん復活V打!阪神連敗ストップ 首位死守「この1本は大きい」
セ・リーグ 阪神3-2DeNA (8月21日 京セラD)
0822sn1

 先発マスクは7月1日のヤクルト戦以来、39試合ぶり。「岩田も勝てない時期が続いていて、梅野もこのままじゃいけない。(打撃も)4打席あれば結果を残すと思った」。試合後に起用の理由を明かした和田監督の期待にも応えた。

 「ファーム行きもあって、悔しい思いもしていたので、この試合に懸ける思いは強かった」

 昨年は1軍でシーズン完走。今季も開幕マスクを勝ち取りながら伴わない結果の責任を負う形で出場機会は減り、5月24日にプロ入り初の2軍降格を命じられた。7月にも再降格。再起を期して鳴尾浜で過ごした日々、捕手としての原点に気付いた。

 受けたことのないピッチャーも受けて、どうリードするか。何か自分ができること、球数をかけたり、声かけ一つだったり、初心に帰った

  神経をすり減らす1軍での激闘の日々では決して感じることのできなかった感情も芽生えた。「2軍で野球以外のこともいろいろ考えた。僕も大人になって、より親に感謝というか。あらためて父を大事にしないといけないと思った」。小学4年だった14年前、母・啓子さんが卵巣がんで他界。以来、男手一つで育てて くれた父・義隆さんへ感謝をあらためて思った。

 2軍の福岡遠征の際には食事をともにし、休日にはスーツ選びにも付き合った。14日に1 軍昇格した際に電話で「チャンスがあったら頑張ってくるんだぞ」と背中を押してくれた父にも届ける躍動だ。「これだけじゃなく、スタメンでいく機会があれば頑張りたい。大きな1勝だと思う」
www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/08/22/kiji/K20150822010982140.html

初降格の時 理由を気持ちの面だろうと確かあの時書いたはず、確か・・・知るならばシーズン終了後かと思っていた降格理由が明かされたというのも、一つ大きなことですね

気持ちの面フ
ァームで成長してきてくれたかな
技術面も色々経験して引き出しを増やして帰ってきてくれたかな

他球団でも嶺井君、桂君、小林君と同世代同期入団の捕手が1軍で頑張って(羨ましかった)る中でね
梅ちゃんもファームでの経験を糧にしてくれたらいい 先輩二人のいい所を吸収していい捕手になってよ(*´ -`)
あと、密かに注目をしていたバットの件
江越君の次 梅ちゃんの打席(わくわくする並び)同じ色のバットかと思いきや梅ちゃんは少々色が地味なバットに 梅ちゃん色のオレンジバットは江越君に譲る形になりました(`・ω・´)
二人連続で同じ色のバットも見てみたかったけどね!
やっぱり私は梅野ファン、打球が外野手の間を抜けて、絶叫した、カレーを食べながら
きらきら2

いつも 梅ちゃんNEWS の応援ありがとうございます♪





ギャラリー
  • グッズ情報 梅野選手プロデュースキャップ
  • グッズ情報 梅野選手プロデュースキャップ
  • グッズ情報 梅野選手プロデュースキャップ
  • 契約更改!
  • 9.19ハマスタ「試合中」編
  • 9.19ハマスタ「試合中」編
  • 9.19ハマスタ「試合中」編
  • 9.19ハマスタ「試合中」編
  • 9.19ハマスタ「試合中」編
最新コメント
プロフィール

にぎやかなイエロー

関東在住 阪神タイガースと梅野隆太郎選手ファン
岩崎優君のファンにもなり、梅ちゃん岩崎君バッテリーで沢山勝ってくれる事をこっそり夢見ています(^_^;)

ブログは
変な事と稀にまじめな事を
たまに浮かれた事とたまに感情のままに書き殴って後悔しています笑


記事検索
アクセスカウンター

    メッセージ

    非公開で送れます

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ